はじめての方へ

理念

私たちは閉院をお考えのドクターと新しいやり方・考え方で医療経営を行いたいという若いドクターとの事業承継を推進し、地域医療を守るという社会的役割を果たしたいと考えております。

 

クリニックを親子間での承継ではなく、第三者へのM&A(譲渡・承継)を希望する人が増えているのはなぜ?

1. 後継者(子供)がいない、いても下記の理由により承継しないため

・診療報酬引き下げによる収入減
・患者数の減少による収入減少(今後人口減少により加速化)
・看護師を中心とする人材雇用の悪化(人材不足、人件費増加)
などの理由がその理由としてあげられます。

2. 開業医の高齢化に伴う閉院の増加

ドクターの高齢化の一方で、ドクターは事業(医院)を「譲渡する」という意識がまだまだ低いと言えます。或いは、譲渡できないと思っておられるドクターが多いように思われます。

承継をしないクリニックは、必然と廃業という道をたどりますが、患者目線で言えば、近くのかかりつけ医が閉院してしまうと遠方のクリニックに通わなければならないということになります。

患者さんも高齢化していることなどを考えても負担が増加し、地方に行けば行くほどクリニックの廃業は、クリニックだけの問題ではなく、周辺地域全体の問題になる場合も多く影響が大きくなります。

3. 若いドクターの価値観の変化

将来クリニック経営がより厳しくなっていくことを予測している若いドクターも多いことなどから、あまり大きなお金をかけて開業したくないドクターが増えています。

また、仕事と私生活のONとOFFをはっきりとしたいというドクターが増えているため、開業しない傾向もあるといえます。

これまでの医院の承継で当たり前とされてきた、親子間承継の阻害要因が増えていることにより、第三者への承継が求められている時代を迎えているといえます。

第三者への承継は、譲渡するドクターと引き継ぐドクターの間に立つ専門家が不可欠となります。我々は第三者への医業承継に取り組んできたノウハウと経験を活かしながら、誠実な対応を行うことをお約束します。

 

弊社の4つの強みと特徴
1. 弊社はM&Aがゴールではなく、スタートだと考えております。承継してドクターが変わった後も、地域のかかりつけ医院として信頼を得るための経営面のサポートを行います。

2. クリニック(医科・歯科)・介護事業の承継については関係機関(保健所・厚生局・府・県・市町村等)に関する申請手続きが非常に煩雑かつ時間的にタイトですが、熟練したスタッフが対応いたします。

3. 大手・一般のM&A会社は成功報酬として多額の料金(最低500万円以上〜2000万円)を設定しているところを多く見受けます。また、クリニックのような小規模事業は対象外となっている会社もあります。弊社はクリニックこそ地域の医療の要だと考え、クリニックのM&Aを重点的に対応しております。そのため費用に関しても、リーズナブルな料金設定を心がけています。

4. 会計事務所の立場から、譲渡額のキャッシュフローの最大化(医療法人の場合:役員退職金、株式譲渡によるキャピタルゲイン課税)だけでなく、譲受側における資金負担の最小化のシミュレーションを行います。